日本楽友会


日本ジャズ音楽協会名誉会長賞

2020年10月14日

日本ジャズ音楽協会名誉会長(大島理森衆議院議長)賞の授与式がありました。北村英治(cla)、秋満義孝(pf)、原田イサム(dr)、五十嵐明要(as)、外山恵子(ban)の5名が受賞しました。

ドラムは持ち込みが出来ず、ピアノ、アルトサクス、バンジョー、トランペット(外山善雄)、北村さん欠席のため4名で、”サニーサイド”、”スターダスト”を演奏しました。

(2020/10/14・奥山五月男)


秋満義孝


原田イサム


五十嵐明要


外山恵子


↑クリックで拡大


写真撮影:奥山五月男


一般社団法人日本ジャズ音楽協会は、ジャズ大臣の石井 一会長で2017年9月に発足した、ジャズ・ミュージシャンに然るべき評価をもたらす目的で作られた法人組織である。

石井大臣は数年前から知り合いで、マヌエラに遊びに来たときは私がお相手をした。名刺も交換し、旭日大綬章の記念の集いにまで招待された。ジャズ・ミュージシャンのために役に立ちたいと話してくれた。

⇒ 「JATPと石井 一」

「ジャズ大賞」「ジャズ協会長賞」に加えて「名誉会長賞」まで作ってしまった。

歌手の高山恵子によれば、「功労賞」をもらうことになった、と言っている。これも新しく出来た賞かもしれないが、日本ジャズ音楽協会のサイトでは未だ新しいことは記述されていない。

これまでの受賞者は、

2017年
ジャズ大賞秋満義孝、阿川泰子、外山喜雄、森寿男、小曽根真、猪俣猛、五十嵐明要

ジャズ協会長賞杉原淳、西村協、丸山繁雄、原田忠幸、松坂妃呂子

2018年 
ジャズ大賞後藤芳子、細川綾子、上原ひろみ

ジャズ協会長賞石塚孝夫、児山紀芳、佐藤允彦、ジョージ大塚、鈴木勲、中牟礼貞則、中本マリ

2019年
ジャズ大賞今田勝、大野雄二、渋谷毅、菅野邦彦、鍋島直旭、森田一義、原田イサム

ジャズ協会長賞佐藤秀樹、菅原正二、中川喜弘、中平穂積

2020年
ジャズ大賞 

ジャズ協会長賞 

名誉会長賞北村英治、秋満義孝、原田イサム、五十嵐明要、外山恵子

(2020/10/14・若山)

 

⇒ 一般社団法人 日本ジャズ音楽協会サイト