日本楽友会

日本楽友会ホームページ Editorial

若山邦紘  1941年1月生まれ

慶應義塾大学工学部卒、高校時代から塾の混声合唱団楽友会で宗教曲の大曲をオーケストラバックで歌ってきた。余技にトリオやカルテットでジャズコーラスやバーバーショップを楽しんでいた。

大学院博士課程終了後は法政大学工学部経営工学科に奉職、42年間、70歳まで研究・教育生活を送った。専門はOperations Research(作戦研究)とシステム工学、情報処理。2011年定年退職、名誉教授。

日本楽友会の懇親会には2009年の会から参加するようになった。会長の原田イサムさんを始め親しい役員諸氏に誘われてのことである。ドラムスの池貝さんには「この人は趣味で大学の教授をやっています」と紹介される。本当の話かもしれない。

終戦直後、米軍の将校が我が家にホームステイに来た。それまで、4歳になるかならない頃、近所の家に「軍歌の出前」をやっていた。「邦ちゃんは歌が上手ね」と褒められるので調子に乗って毎日出前をした。それが、世の中180度ひっくり返りキャプテンがキャンプから持ってくるジャズのレコードに4歳児は目覚めた。その時は何も解らないはずのビング・クロスビーやベニー・グッドマンなんてレコードがかけられたのだ。気持ちがよかったらしい。それ以来、敵性音楽だったジャズにはまって70年になる。

小学2年生のころ、神田の畜音堂というレコード屋でダイナ・ショアの”バッテンボー”のレコードを買ってきて、はなもげら語で歌っていた。12歳の時にクロスビーの”White Christmas”を買ってきて覚えた。街ではジングルベルしか鳴っていない頃のことだ。変な子供だった。

エルビス・プレスリーの”Heart Break Hotel”を後楽園のスケート場で聞いてたまげたものだ。

40代の頃、南青山のLamp LightでDolly Bakerに出会い、ジャズボーカルの何であるかを学んだ。後に沢田靖司と無二の友となる。この時代はソロ・ボーカルが中心だったが、元サーカスの島田トオルと皆さんよくご存知の佐藤 宏さんと3人で余興にコーラスもやった。今はないテレ朝通りの夜更けのSound Inn DOMINANTは遊び場だった。

50代になって慶應Light Music Society出身のお兄さんに連れられて赤坂のLittle MANUELAに行くようになった。そこで、出会ったブルーコーツの小島正雄さんの長男、小島 恂に誘われてジャズ・コーラスを再開した。1999年にスリー・グレイセスのコンサートに引っ張り出されたのがきっかけとなり、2000年代はいろいろな人やいろいろなところから呼ばれた。2003年、最後の「ゲソの気まぐれコンサート」にゲストで出た。5月連休直前にコンサートがあったのだが、ゲソGはその年の9月に他界した。

次の年の2月にはわれわれを可愛がってくれた世良Gがガンで亡くなった。追悼コンサートでわれわれOZ SONSは素人グループにもかかわらず世良GにささげてMr. Wonderfulを歌った。

2013年6月に、最初で最後の自主コンサートを草月ホールで開催した。中尾ミエに生前葬だと言われた。

何ということか、「楽友会」という名称は私にとっては10代の頃からの自分の表札のごとき名前であり、すでに慶應義塾楽友会のOB/OG組織である楽友三田会のホームページ「楽友」を作成・編集を2008年に始めた。

日本楽友会もホームページを作らねばならない。これが、本ホームページを立ち上げた因縁話だ。2つの楽友会のメンバーは珍しい存在だ。おそらくは私一人。(2014/11/25)

⇒ Webmasterメール

 
 Webmasterの編集サイト紹介

⇒ Jazzにまつわる話   ⇒ OZ SONS-PIT   ⇒ 楽 友